ゆーから通信Web版
TOP 診察内容・アクセス ゆーからストーリー スタッフ きまぐれ掲示板 ペットと暮らせば ゆーから通信 リンク

ゆ~から通信2008年12月号

◆何を食べているんだ~!◆

犬で時々あるのですが、異物を食べてしまうことがあります。
「うちの犬が、靴下を目の前であっという間に飲み込んでしまった」と子犬がゆーからに連れて来られました。レントゲンで撮影すると靴下は写っていないのですが、胃内に石が4個写っているではないですか!「そういえば、散歩の時石をくわえることがあった」と飼い主さん。靴下を食べて間も無かったので、麻酔をかけてから内視鏡で靴下・石ともになんとか取り出すことができました。
スタッフが「何でこんな物を食べたんだろう?」と不思議がります。とてもおいしそうには見えないのですが。興味本位でくわえている時に誤って飲み込んでしまうこともありますが、お腹がいつもすいていてまたは栄養にかたよりがあって食べてしまうこともある様です。以前、長さ25cmの分厚い皮手袋を飲み込んだ大型犬もいました(運良く内視鏡で取れましたが・・・)。
犬が異物を口にくわえている瞬間に立ち会ったら、異物を口から取りあげようとすると「取られるものか。これは私の物だ」とばかり逆に慌てて飲み込んでしまう場合もあります。T先生も、食事が食卓に並べられる途中こそっとつまみ食いしようと食べ物を口にくわえた、まさにその瞬間、「こら、つまみ食いしない」と注意され飛び上がります。証拠を隠そうと慌てて飲み込むことがあるので、異物を飲み込む犬の気持ちはとてもわかるとか???
ゆーからのアドバイザーで現在アメリカで活躍中の動物行動学の尾形先生によると、もっと美味しい食べ物や、(食べられないが)もっと魅力的なおもちゃを犬の鼻先に「こっちの方が美味しいよ・いいよ~!」と怒鳴らずに優しく放ってあげると「おっ、こっちの方がいいや」と口から問題の異物を放すことがあるそうです。うまくいくこともあれば、うまくいかないことも、都合よく「もっと美味しい食べ物・もっと魅力的なおもちゃ」が手元にあればいいのですが・・・猫ではひも状のものを遊んでいるうちに、めん類の様に間違って飲み込んでしまうことがあります。舌表面がざらざらしているので一度ひもがひっかかり、慌てて舌を動かすと余計ひもが口の中に送りこまれてしまうからです。
つまみ食い最中に美味しい別の食べ物を顔に近づけると「ラッキー」と両方食べるオヤジもありますので、ご注意下さい。オヤジ恐るべし。

◆鯛焼き屋さん◆

神楽5条4丁目においしい鯛焼き屋さん「たいやきのかぐら」(TEL: 63-7015。待たずに買える電話予約がおすすめ)(営業時間は12時-18時。月曜日と火曜日はお休み)があります。
神楽にホーマック/生協がありますが、国道をはさんで反対側、T字交差点の近くにある小さなお店です。国産美瑛の小豆を使用、注文を受けてから1つ1つ手作りで焼き始める「一丁焼き」のこだわりのお店です。保存料・添加物は使用していないので安心です。
子供の頃、鯛焼き屋さんのガラスに顔をつけて(ガラスに顔の痕がついていた、オジサンごめんなさい)、鯛焼きができあがるのを食い入るように眺め「将来鯛焼きやさんになるんだ!」と宣言したことがある甘辛両党のT先生、「毎日毎日僕は鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ~」と大ヒット曲「およげ!たいやきくん」を口ずさみます。
先日読んだ雑誌でたまたま知ったのですが、「一丁焼き(一本焼き)」にこだわる「東京鯛焼き御三家」の1つ東京麻布十番の「浪速花家総本店」が歌のモデルになった老舗だとか。御三家の他の2店は「柳屋(人形町)」と「わかば(四谷)」です。手間がかかる「一丁焼き(一本焼き)」で焼かれた鯛焼きを「天然物」と呼ぶフアンもいるとか。
頭から食べるか?それとも尻尾から食べるか?それが問題です。素朴でとても美味しいですよ。「たいやきのかぐら」是非お試し下さい。

TOP 診察内容・アクセス ゆーからストーリー スタッフ きまぐれ掲示板 ペットと暮らせば ゆーから通信 リンク