ゆーから通信Web版
TOP 診察内容・アクセス ゆーからストーリー スタッフ きまぐれ掲示板 ペットと暮らせば ゆーから通信 リンク

ゆ~から通信2008年1月号

◆イチローと一休(イッキュウ)◆

テレビのドキュメンタリーで天才野球選手イチロー(シアトルマリナーズ)の特集がありました。
イチローはやはり凄いですね。感心したことが3つ。まずその野球を極めるストイックな姿勢と弛まぬ日々の鍛練。2つめは、シアトルの自宅に居るときの昼食は7年間毎日同じく奥様の手作りカレーだそうです。遠征もあるので、いつもではないですが、本拠地シアトルにいる時は、毎回必ずカレーだそうです。一貫してますねー!T先生はカレーが大好きで、ゆーから本院近くのスパイスキッチンBOKU(神居2条環状線沿いTEL61-8203)でカレーをしばしば食べに行きます。T先生曰く、「そういえば、続けてカレーを食べてると、スパイスが健康にいいのか、体調が良い気がする・・・」。3つめは、愛犬「一休」と過ごす時イチローがとてもリラックスしていることでした。極限の世界を生き抜くヒーローも、犬という優しい癒しで気分転換しているのでしょう。
2つめと3つめはわれわれにもできますが、1つめの「日々の鍛練」が凡人にはなかなか難しい。でも皆で「カレーを食べて」「犬/動物を大事にして」、イチローに一歩でも近づきましょう!

◆映画エキストラ募集中◆

津川雅彦さん監督の映画「旭山動物園物語~ペンギンが空を飛ぶ~」が2009年春の完成を目指して制作されます。
旭川市民を中心にエキストラ3,000人を現在募集中です。エキストラに募集するには、www.asahikawa-cb.gr.jp/film/pengin/index.htmにアクセスすると登録できます(受付はすでに終了しました)。先着順の登録なのでお早めに!!!エキストラの撮影は2008年2月~4月だそうです。この映画をサポートして、皆で旭山動物園そして旭川市を大いに盛り上げ成功させましょう。
年末、T先生が旭山動物園の小菅園長にお会いした際にこの映画プランのこと教えてもらったのですが、実現に向け動き出してとても楽しみです。
函館を舞台とした映画「リトルDJ」も心に残る名作でした。T先生は昔放送部に所属していたことがあることがあります。よくトンチンカンな間違ったアナウンスをしていたので、DJは「ディスクジョッキー」ならぬ「ドジじゃん」の略だったのかもしれません・・・
昔函館山の展望台に行った際、帰り山道で迷子になりそうになったことがあるとか、特に懐かしかった様です。映画のロケ地、舞台は訪ねてみたくなりますよね。津川雅彦さんの映画「旭山動物園」もきっと沢山の観光客を全国・アジアから旭川に集めてくれると思います。

◆マリと子犬の物語◆

映画と言えば、「マリと子犬の物語」を観ました。
子供連れの観客が多かったのですが、大人だけではなく子供も感激していたのが印象的でした。地震の被害に遭った新潟県山古志村が舞台で、日本の原風景と心温まる実話、地域住民/家族の絆、人間の家族の一員としての犬、とっても良い映画です。熊の縫いぐるみ(テディベア)が避難所で配られるシーンがありました。「料理の絵本(末広)」の渋谷さん達ボランティアが手作り贈呈したのを思い出しました。ご家族で是非映画館に足を運んでご覧下さい。
ゆーから通信2006年6月号2007年3月号もご参照下さい(ゆーからのホームページでバックナンバーが読めます)。

TOP 診察内容・アクセス ゆーからストーリー スタッフ きまぐれ掲示板 ペットと暮らせば ゆーから通信 リンク