ゆーから通信Web版
TOP 診察内容・アクセス ゆーからストーリー スタッフ きまぐれ掲示板 ペットと暮らせば ゆーから通信 リンク

ゆ~から通信2006年12月号

◆CAPP活動の見学◆

世界小動物獣医師会(WSAVA)年次大会がチェコのプラハで開催され、T先生が参加してきました。
T先生が日本窓口をしているAAHA(アメリカ動物病院協会)の元会長をパーティーで偶然見つけて気軽に挨拶したら、彼が今回の学会WSAVAの会長をしていることに会話の途中でハタと気づきました。周りのアジアの獣医師仲間から「オマエ、会長と知らずに話していたのか」と笑われて赤面。聴きたい講義は何故か重なりどちらの講義を聴こうかすごく迷います。
次は2階、その次は3階と講義の部屋をキョロキョロしながら「はしご聴講」しました。参加者は地理的関係でヨーロッパの人が多かったのですが、講師が「この中でこれだと思う人は手を挙げて」と挙手を求めると、米国だと「はいはい!」と一斉に手が挙がるのですが、ここヨーロッパでは「え、手を挙げるの?ちょっと恥ずかしいな・・・」と手の挙げ方も控えめで、日本と似ているのでほほ笑ましかったです。

◆チェコ語◆

日本人の口癖に「アノネー、あのねー」があります。
チェコ語でアノがYES、ネーはNOという意味です。つまり日本人が思わず「アノネー、あのねー」と呟くと、チェコ語にすると「YES, NO。YES, NO」と言っている訳です。ハイなのかイイエなのか一体どっちなのとチェコの人々は首を傾げることになります。
麻布大のW先生ご夫妻と台湾のJ先生と一緒に地元の人に人気のレストランでランチを食べました。テーブルにメニューがないので「メニューを見せて」とウエイターに頼むと、渡されたメニューは全部チェコ語でチンプンカンプン・・・旅行ガイドブックに載っているチェコ料理の写真を指差したら、「わかったわかった」と即注文を受けてくれました。食事一皿のボリュームがすごい、小山の様でしたが、おいしかったです。地元ビール(黒、ピルスナー)はとても美味でした。

◆地下鉄◆

プラハでは地下鉄が便利です。
赤色、黄色、緑色など路線が色分けされて分かりやすいです。「長いエスカレーターの動く速度がとんでもなく早くスリル満点!」「改札での切符のチェックがない(プロレスラーかと見間違うごつい係員の抜き打ち検査がたまにあるのでご注意)」「車内につり革がない(立っている時つかまるところがない)」「スリがいる(J先生危機一髪!)」「大型犬も飼い主と一緒に乗車している」など興味深かったです。

◆プラハの動物病院見学◆

DR.NOVAKの動物病院を見学しました。
チェコで4本の指に入る質の高い病院です。いろいろ参考になりました。Dr.NOVAKは、T先生顔なじみの獣医師DR.M(英国在住)とDR.V(米国在住)のチェコ時代のクラスメートです。DR.MとT先生は20年来のつき合いで、今回もWSAVAの学会会場で久しぶりに再会しました。

TOP 診察内容・アクセス ゆーからストーリー スタッフ きまぐれ掲示板 ペットと暮らせば ゆーから通信 リンク