専門医 日本でも制度の実現望む

海外には専門医(スペシャリスト)と呼ばれる診療科目別に専門化された獣医師制度があります。人間同様にペットもかかりつけの医師が診察して、難しい病気の場合は専門医を紹介するのです。
私も6年前、オーストラリアの専門医病院で研修した際、他の国まで飛行機で行き、高度な手術をしている専門医を知りました。その医師のアタッシュケースの中には整形外科器具セットでびっしりでした。空港での手荷物検査の係官がびっくりするでしょうね。


専門医制度ができればペットも安心だ

米国の眼科専門医は年に数回、ハワイに渡り、ハワイ中の動物病院を回って眼科の集中治療をします。白内障の眼内レンズ手術もまとめて行います。心臓病学専門医には超音波診断装置(カラードップラー)を自分の車に積み、心臓病の巡回診察をする人もいて、「モバイルエコー」と呼ばれていました。麻酔医は高価な競走馬の麻酔をした翌日に動物園の象のガス麻酔と、多忙な毎日を送っていました。
日本でも専門医の必要性が認識され始めました。近い将来、制度が立ち上がることを期待しています。

Copyright 2006 YOU-KARA VETERINARY CLINIC , All rights reserved.