Home » お知らせ » 老犬の夜鳴きと行動異常が漢方でよくなりました。

老犬の夜鳴きと行動異常が漢方でよくなりました。

アイちゃんは14歳と4ヶ月の柴犬です。お爪きりに来院された時、飼い主さんがアイちゃんを保定するのがとても大変で、あちこち動き回って落ち着かずとても困ってられました。お話を聞くと、春先に飼い主さんが数週間不在になり、お家には他の家族の方はいらしたのですが、その間にアイちゃんの様子がおかしくなり、飼い主さんが戻られた時には、落ち着かず、夜鳴きをするようになっていたということでした。「なにかいい薬はないですか?」ということで、中医学の理論に基づいて2つの薬を1週間分処方させて頂いた所、1週間後に、「すごくよくなっています。続けて服用したいので、お薬を下さい。」と来院されました。老犬のアイちゃんにとって、漢方薬は副作用の心配も無く、続けて頂ける良い薬と思います。最近は、老齢の動物のいろいろな症状に中医学の漢方薬がとても役に立っていて、処方する側としても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です